【ボロブドゥール】朝靄に包まれたジャングルが神秘的!"世界三大仏教遺跡"で拝むサンライズ_#58

 

インドネシアについて

首都:ジャカルタ(Jakarta)

時差:-2時間/サマータイムなし
   ※インドネシアには3つの時間帯があります

時間・時差をチェック


面積:約209.9万㎢ > 日本(約37万㎢)
人口:約2億7,450万人 > 日本(約1.2億人)

言語:インドネシア語

通貨:ルピア(Rp)

為替レートをチェック

インドネシアはどこにある?

旅の記憶シリーズ!
他の国も覗いてみます?

⌘ 旅の記憶_アジア
 ⌘ 2_ベトナム 🇻🇳
 ⌘ 3_カンボジア 🇰🇭
 ⌘ 4_インド 🇮🇳

⌘ 旅の記憶_ヨーロッパ
 ⌘ 1_クロアチア 🇭🇷

⌘ 旅の記憶_中東
 ⌘ 1_ヨルダン&ドバイ 🇯🇴 🇦🇪
 ⌘ 2_トルコ 🇹🇷

お国柄を表す!インドネシアの国旗

古くは、赤が太陽、白が月を表すといわれていた。

今では、赤が自由と勇気、白が正義と純潔を示している。1950年制定。

※モナコの国旗と同じデザイン。

出典:世界の国境

ジョグジャカルタのベストシーズンは?

ベストシーズン:6月〜9月
オンシーズン :5月〜10月

今回の旅(2015年5月)= オンシーズン!

気候の詳細をチェック

<ざっくりと言えば...>
湿度が高くて蒸し暑い!

雨季の終わりなので1日に何度かスコールが降りますが、日本の梅雨とは異なりしばらく待てば止むので、観光にはそれほど影響ありません。

<5月のジョグジャカルタ>
  平均最高気温:30℃
  平均最低気温:22℃
  降水量:約120mm

<5月の東京>
  平均最高気温:23℃
  平均最低気温:14℃
  降水量:約140mm

【移動】成田 → ジョグジャカルタ → ボロブドゥール

成田(Narita)

   ↓  ガルーダ・インドネシア(約8時間)

 ジャカルタ(Jakarta)
  スカルノ・ハッタ国際空港
  空港コード:CGK

   ↓  ガルーダ・インドネシア(約1時間)

ジョグジャカルタ(Yogyakarta)
 アジスチプト国際空港
 空港コード:JOG

   ↓  タクシー  経路はMapで↓

ボロブドゥール(Borobudur)
 Manohara(宿泊先)


<NOTE>
・航空券は「Skyscanner」にて予約
・現時点で、日本 ⇆ ジョグジャカルタの直行便はなし

・宿泊先は「Booking.com」にて予約
・マノハラはボロブドゥール敷地内唯一のホテルで、宿泊者は入場チケット購入不要

【世界遺産】ボロブドゥール寺院遺跡群

世界遺産 -World Heritage-

正式名称:ボロブドゥル寺院遺跡群
登録年 :1991年
遺産種別:文化遺産

ボロブドゥール寺院遺跡群は、ジョグジャカルタの北西約40kmに位置する以下の寺院の総称。

①ボロブドゥール寺院
②パオン寺院
③ムンドゥット寺院

また、世界三大仏教遺跡のひとつとしても知られます。

・アンコール遺跡群(カンボジア 🇰🇭 )
・ボロブドゥール寺院遺跡群(インドネシア 🇮🇩 )
・バガン遺跡群(ミャンマー 🇲🇲 )

①ボロブドゥール寺院

ざっくり知識

いつ?:8世紀後半
誰が?:シャイレーンドラ朝「ダルマトゥンガ王」


シャイレーンドラ朝とは?
→8世紀半ばから9世紀前半にかけてジャワ島中部に栄え、大乗仏教を保護した王朝。

”仏教の宇宙観” を表現した世界最大級の仏教寺院。

仏教の宇宙観において、”世界の中心にそびえる聖なる山” である須弥山(メール山)をイメージして建設した寺院と考えられています。

また、近くにあるムラピ山の噴火によって度々被害を受けるボロブドゥール。

過去の大噴火で火山灰に埋もれて以来、周囲に広がるジャングルの中に人知れず佇み、1814年にイギリス人のトーマス・ラッフルズによって発見されました。

ボロブドゥールでサンライズ

ボロブドゥールで外せないのはサンライズ鑑賞

敷地内唯一のホテル「マノハラ」が主催するツアーへの参加が必須ですが、オープン前のまだ静かな遺跡でサンライズをゆっくりと楽しめます。

夜が少しずつ明けてくると、眼下に現れるのは朝靄のかかったジャングル。

遺跡の頂上は見晴らし抜群!

天気が良ければムラピ山も遠くに望めて、遺跡には朝日が差し込み、神秘的な光景が広がります。

サンライズツアー(マノハラ)

ボロブドゥールのオープンは日が昇った後なので、サンライズ鑑賞にはホテル「マノハラ」が主催するツアーへの参加が必須です。

ツアーといっても、指定時間にホテルに集合してスタッフに遺跡頂上まで案内されたらあとは自由!

思い思いにサンライズを鑑賞してからホテルに戻り、ツアー参加料に含まれる朝食をいただいて終了です。

マノハラの宿泊客以外も参加可能ですが、ジョグジャカルタの国際空港からは約40km離れているので、既にボロブドゥール周辺に宿泊していることが前提です。

【Webサイト】マノハラ(英語)

時間/ 料金:↑クリック>Products>Exclusive Sunrise & Breakfast

ボロブドゥール = 仏教の宇宙観

ボロブドゥールの構造は、下から基壇方形壇(5層)→ 円形壇(3層)のピラミッド。

これは仏教における三界を表すとされています。

三界とは?
→輪廻転生する世界を以下3つに分けたもの。

①欲界
 →欲望に囚われた生き物が住む
②色界
 →欲望は超越したが、物質(色)に囚われた生き物が住む
③無色界
 →欲望も物質的条件も超越して精神作用にのみ住む

ボロブドゥールにおいては、

①基壇 = 人間のいる欲界
②方形壇 = 神と人間が触れあう色界
③円形壇 = 神のいる無色界

輪廻転生する世界はカルマ(生前の行い)次第で、「善い行いをすれば、より良い世界へ転生できる」と考えられています。

ただし、転生=幸せではありません。

生死を繰り返す輪廻はそもそも苦とされており、目指す先は「煩悩から解放されて悟りを開き、輪廻から解放される」こと。いわゆる解脱です。

72基のストゥーパ(仏塔)

ボロブドゥールの最大の特徴は、”ストゥーパ” と呼ばれる釣り鐘状の仏塔。

日本で知られる卒塔婆(そとば)の語源です。

遺跡上部の円形壇には72基が配置されており、隙間から内部を覗くと仏像が1体ずつ納められています。(ストゥーパが崩壊して、仏像が剥き出しのものもありますが。)

しかし、遺跡頂上に置かれた巨大な1基の内部には仏像がありません。

その昔には釈迦の遺骨が納められていたとされ、唯一仏像が納められず ”空” になっているのです。

仏教の教え ”空” とは?

”空” は「から」という意味だけでなく、仏教においては「くう」と読み、重要な教えでもあります。

その教えとは、「あらゆるものはすべて、何らかの原因や条件に依存して存在する ”相対的” なものでしかなく、”絶対的・実体的” な存在はありえない」というもの。

平たく言えば、「光があるから影がある」みたいな。逆に「光がなければ影もない」みたいな。

相反する存在があることで、初めてその存在は認められるのです。

あらゆるものは確かにそこに存在するけれど、その実体や本質は存在しない。それが ”空” の教えです。

施設情報

【Webサイト】ボロブドゥール(英語)

時間/ 料金:↑クリック>Ticket Info

360°ストリートビュー  ボロブドゥール

レンタサイクルで、遺跡群の寺院へ!

直線上に並び、深い関係性があるとされるボロブドゥール寺院遺跡群。

その昔には3つの寺院を結ぶ参道があり、パオン寺院とムンドゥット寺院は、”ボロブドゥール寺院の訪問前に巡礼するための寺院” であったそう。

それを裏付けるように、毎年5月もしくは6月の満月の日には、仏教徒がムンドゥット → パオン → ボロブドゥールを順に参拝する「ウェーサーカ祭」が開催されます。

2つの寺院はボロブドゥールから少し距離がありますが、自転車ならば移動圏内。

宿泊先のマノハラホテルでは自転車を貸し出していたので、レンタサイクルで訪れてみることにしました。

Manohara(宿泊先)

 ↓  レンタサイクル(約15分)

パオン仏教寺院(Candi Pawon)

 ↓  レンタサイクル(約15分)

ムンドゥット寺院(Candi Mendut)

②パオン寺院

③ムンドゥット寺院







-1_インドネシア

   2021/09/20  

Copyright© yuutravelblog , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.